HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >茨城県常総市立石下中学校のみなさんが支援に来てくれました【11/28配信】

茨城県常総市立石下中学校のみなさんが支援に来てくれました【11/28配信】

11月18日(金)、宮城県を訪れて下さった茨城県常総市立石下中学校2年生の

生徒と先生の皆さん124人と、宮城野区中野地区の住民の皆さんとの交流会が

高砂市民センターで開かれました。

 

元仙台市立中野小学校校長先生から、震災後のお話し、そして中野ふるさと学校の

佐藤代表からも中野地区の詳しい状況のお話しをいただき、

石下中学校の皆さんからは、応援旗・文字鶴・プランター寄贈がありました。

そして、合唱の披露がありました。

 

石下中学校の皆さんは、一昨年、高砂一丁目仮設住宅を訪問され、

蒲生海岸の清掃など支援に来ていただきました。昨年も仙台を訪れる

予定でしたが、大型台風の被害にあい、こちらに来られませんでした。

この時、宮城野区の高砂一丁目、仙台港背後地6号公園、鶴巻一丁目

東公園仮設住宅の自治会長さんたちが石下中学を慰問してくださいまし

た。今回はそのお礼ということもあり、石下中学の皆さんがまた今年も

来てくださいました。

 

dsc02166

 

 

 

dsc02179

 

交流会の後は、中野小学校跡地慰霊塔に移動し、献花し黙とうしました。

震災直後の中野小学校のお話し、中野小学校区復興対策委員会の委員長さん

から地区のお話しなどをいただき、石下中学の生徒さんのからは作文の朗読が

ありました。

互いに励ましの言葉を贈り合い、その後、慰霊塔周辺の清掃をみんなで行いました。

 

dsc02197

 

茨城県常総市立石下中学校の皆さん、今年もご支援ありがとうございました。

このご縁を大切にして、交流の輪を大きく生かしていきます。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲ このページの先頭に戻る