HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >宮城野区田子の復興住宅地に演芸ボランティアが来てくれました【12月16日配信】

宮城野区田子の復興住宅地に演芸ボランティアが来てくれました【12月16日配信】

12月9日(金)、宮城野区田子西3丁目町内会に演芸ボランティアの

「おこぴー」さんこと小越さんが来てくれました。

はじめに腹話術の「はるちゃん」登場、みんなを笑わせた後は、

懐かしい昭和の紙芝居の実演、紙芝居クイズで景品も出ました。

そのあと、おこぴーさんのアコーディオン演奏で日本の唱歌を

みんなで合唱。

最後は、紙芝居のアンコール。

「仙台四郎」のお話をおこぴーさんの熱演で楽しみました。

みなさん、子ども時代に戻って聞き入ってました。

 

dsc02205

 

おこぴーさん、いつもみんなを楽しませてくれて、ありがとうございます。

また、懐かしさいっぱいの貴重な日本の演芸で楽しませてください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


▲ このページの先頭に戻る