HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >ひょごボランタリープラザのみなさんが荒浜に来てくれました【9月1日配信】 

ひょごボランタリープラザのみなさんが荒浜に来てくれました【9月1日配信】 

8月16日、兵庫県神戸市にある兵庫県社会福祉協議会ひょうご

ボランタリープラザさんのボランティアバスで

ボランティアの皆さんが、若林区荒浜海岸に清掃に来てくれました。

 

海岸では丁度写真展が開かれており、小雨が降る中、写真展も見学しつつ

海岸清掃と海辺の図書館の草刈りをしていただきました。

 

DSC02870

 

 

周辺は避難の丘、パークゴルフ場などが建設され、変化していく風景に

復興を感じている人もいました。

 

DSC02874

 

 

午後は、震災遺構となった荒浜小学校を見学。展示された資料や

映像などを熱心に見ていかれました。

 

DSC02878

 

 

その後、若林区荒井にある3.11メモリアル館にも立ち寄り、語り部のお話しを

聞き、展示など見学されました。

 

 

毎年この時期に、ひょうごボランタリープラザさんは、仙台市の他に

名取市閖上地区にも訪問され、神戸から竹灯篭を運び追悼支援を行っています。

 

今回は、荒浜にも竹灯籠が寄贈され、荒浜小学校に設置されました。

とても立派なもので住民の方たちも、喜んでらっしゃいました。

 

20993855_1951214968459578_9144432807962855354_n

 

ひょうごボランタリープラザの皆様、いつもご支援ありがとうございます。

これからも被災地を励まし続けてください。

 

 

 


▲ このページの先頭に戻る