HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >兵庫県の高校生たちが宮城野区新浜、高砂地区に来てくれました【9月8日配信】

兵庫県の高校生たちが宮城野区新浜、高砂地区に来てくれました【9月8日配信】

8月23と24日に、兵庫県立西宮香風、西宮南、神戸甲北、社高校の有志の

皆さんが、宮城野区の新浜、高砂地区にボランティアに来てくれました。

 

残暑のきつい中、宮城野区新浜地区の新浜集会所、みんなの広場の草刈りや

プランターの環境整備作業を行いました。

 

DSC02918

 

 

その後は、地区の住民さんとの交流会を行い、震災当時のお話を伺いました。

当時のとても貴重なお話しを、生徒たちも感慨深げに聞いていました。

 

 

DSC02928

 

 

お話しの後は、手話を交えた合唱を生徒たちが披露し、住民さんもとても

感動され、心癒されていました。

 

 

24日は、高砂市民センターで中野YAMA学校のみんなさんと交流会を

行い、中野蒲生地区のお話し、防災対策に関するお話しなどを伺いった後、

みんなで合唱披露し、住民の方々に元気を与えました。

生徒たちは、災害時の対処法など、とてもためになるお話しが聞けて

感謝してました。

 

 

DSC02949

 

 

交流会の後は、中野慰霊塔に立ち寄られ、3.11メモリアル交流館を見学され、

地元の高校生たちと交流していかれました。

 

兵庫県立西宮香風、西宮南、神戸甲北、社高校の皆さん、

2日間活動大変ありがとうございました。

これからも被災地の皆さんを励まし続けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲ このページの先頭に戻る