HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >青葉区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました

青葉区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました

平成29年12月4日(月) 青葉体育館にて、
青葉区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました。
こちらもまずは、設置予定施設や関係する行政機関の職員の皆さまとの間で共通認識をもつということを目的に実施しました。

冒頭では、仙台市地域防災計画等に記載されている災害ボランティアセンターの位置づけについて市担当課の方からご説明いただいたり、東日本大震災当時の災害ボランティアセンターの取り組みについてご報告を行いました。

DSC03269

 

 

 

 

 

 

その後は、実際に災害ボランティアセンターを設置するメインアリーナに移動して、レイアウト図をもとに設置のイメージを共有しました。

DSC03277

 

 

 

 

 

 

実際にメインアリーナを見たことで、その後の情報交換の場では、設置レイアウトに関する意見を中心にいただき、今後設置するうえでの検討事項となりました。
今回の取り組みをふまえて、次年度の訓練では、レイアウト図をもとに机などを並べて人の動線を確認したり、事例をもとにボランティア役と運営役に分かれてのシミュレーションを予定しております。


▲ このページの先頭に戻る