HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >宮城野区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました

宮城野区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました

平成29年12月15日(金) 宮城野体育館にて、
宮城野区災害ボランティアセンター設置・運営訓練を実施しました。
今回は、設置予定施設や関係する行政機関の職員の皆さまとの間で共通認識をもつということを目的に実施しました。

冒頭では、仙台市地域防災計画等に記載されている災害ボランティアセンターの位置づけについて市担当課の方からご説明いただいたり、東日本大震災当時の災害ボランティアセンターの取り組みについてご報告を行いました。

DSC03402

 

 

 

 

 

 

次に、震災当時の災害ボランティアセンターのレイアウト図を再現した資料をもとに設置場所の確認や動線の確認等を行った後、実際の現場を確認しました。
この施設では、他のアリーナで避難所が開設されることになっており、その点も踏まえた動線の確保等が必要になることなどを確認することができました。

DSC03411DSC03416

次年度は、今回の内容を踏まえ、実際に机や椅子、パーテーションなどを設置した訓練を実施する予定です。


▲ このページの先頭に戻る