HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >島根県西部を震源とする地震について

島根県西部を震源とする地震について

2018年4月9日(月)1:32、島根県西部の深さ約12キロを震源とする マグニチュード6.1の地震が発生し、大田市で震度5強、出雲市、雲南市、川本町、美郷町で震度5弱の揺れが観測されました。現在も余震が続いている状況です。
この地震で、重傷者2名(大田市)を含む8名の人的被害が生じています。また、大田市では428棟の家屋に被害が生じています(10日14時現在)

島根県社会福祉協議会では、被災地へ職員を派遣し、状況の確認や災害ボランティアの受け入れなどについて関係機関との支援調整を行っています。

現時点では、災害ボランティアセンターは開設されておりませんが、新しい情報が入りましたらお知らせいたします。

その他の詳しい状況については、下記のホームページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報


▲ このページの先頭に戻る