HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >平成30年5月 秋田県大雨災害について

平成30年5月 秋田県大雨災害について

秋田県では、低気圧や東北地方に停滞した前線の影響により、5月18日から記録的な大雨となり、河川の氾濫や土砂崩れ、建物の浸水等の被害が発生しています。

秋田県内の7市町(秋田市、男鹿市、潟上市、三種町、五城目町、八郎潟町、井川町)で、全壊・半壊・一部破損4棟、床上浸水53棟、床下浸水172棟の住家被害が生じています。(5月21日9時現在)

秋田市では、災害ボランティアセンターは設置せず、通常体制にて被災者支援を行っており、秋田市内在住の方に限り、ボランティアを募集しているという状況です。
このように、いずれの社会福祉協議会においても、通常のボランティアセンター業務で対応することとしており、広域的なボランティア募集はしておりませんので、ご留意ください。

その他の詳しい状況については、下記のホームページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報


▲ このページの先頭に戻る