HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >平成30年5月 秋田県大雨災害について(続報)

平成30年5月 秋田県大雨災害について(続報)

低気圧や東北地方に停滞した前線の影響で、5月18日(金)から記録的な大雨となった秋田県では、河川の氾濫、土砂崩れ、建物浸水等の被害が発生しています。

秋田市社協では、5月21日より災害ボランティアセンターを開設し、被災地の復旧や被災された方々の生活支援活動を行っておりました。

災害発生から3週間ほど経過し、支援ニーズも少なくなってきたことから、6月10日で災害ボランティアセンターを閉所し、本日11日より通常のボランティアセンター業務にて被災された方々の生活支援を継続していくこととなりました。

詳しくは、下記ホームページにてご確認いただけます。
秋田市社会福祉協議会ホームページ


▲ このページの先頭に戻る