HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を 一般公募で初めて 開催【30年度第5回】

災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を 一般公募で初めて 開催【30年度第5回】

仙台市ボランティアセンターでは、東日本大震災時に運営した災害ボランティアセンターの実践で得た経験や知識を活かし、これからの災害に備える取り組みのひとつとして、「仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を実施しています。

受講団体・企業・学校などを募集しております。
お気軽に仙台市ボランティアセンター(022-262-7294)までお問い合わせ・ご相談ください。
————————————————————————————————————————

1月19日(土)、一般公募でお申込みいただいた12名に参加いただき開催しました。
災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、運営サポーターの役割などについて講義を行い、その後に、ボランティア役と運営スタッフ役に分かれ、それぞれの立場を体験することで、理解を深めました。

参加した皆様より、「災害時の大変なときだからこそ、災害ボランティアセンターを知っているということに、意味があるのだと思った」、「仕事上、災害時のボランティア参加は難しいが、他県や日常的な活動になら参加できると思った」などといった感想をいただきました。

始めは「自分にできるだろうか…」と不安に思っていた方も、体験することで「自分にもできる!」と前向きに考えていただくきっかけになりました。今後も引き続き、災害時の助け合い・支え合いを広めていく取り組みを進めて参りたいと思います。

DSC05899DSC05911DSC05921

 


▲ このページの先頭に戻る