HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >☆ボランティア活動の服装等について

☆ボランティア活動の服装等について

ボランティア活動にご理解・ご協力をいただきありがとうございます。

仙台市津波災害ボランティアセンターにおけるボランティア活動の中心は、泥のかき出し作業が中心となっております。

つきましては、ボランティア活動にお越しの場合は、長ぐつ(長いタイプがよい)、厚手で長めのゴム手袋、また、安全上および衛生上、目を守るためのゴーグル(作業用)防塵マスク等が必要な状況です。

なお、物資が不足している状況ですので、下記「水害ボランティア活動の装備」をご参考に、ご自身でご準備のうえお越しいただきますようお願い申し上げます。

➤水害ボランティア活動の装備(参考として掲載しています。)

【平成23年6月7日 10:00発信】


▲ このページの先頭に戻る