HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >☆6/1活動報告と6/2活動内容予定

☆6/1活動報告と6/2活動内容予定

本日6月1日(水)の活動報告と、翌日6月2日(木)に予定しているボランティア活動について紹介させていただきます!!

♪6月1日(水) 活動報告♪

  仙台市津波災害ボランティアセンター

  ●ボランティア受付者数  212人(うち、新規受付者106人)

  ●新規ボランティア依頼件数  6件

  ●ボランティア派遣人数  184人

  ●ボランティア派遣件数  12件(前日までの受付分を含む)

  ●内容:家具移動、片づけ等

♪6月2日(木)に予定しているボランティア活動内容について♪ 

 6月1日(水)19時40分現在、ボランティア派遣要請をいただいて、翌日(6月2日)に活動が予定されている件数、活動内容は次のとおりです。

災害ボランティア活動を希望する方は、次の内容を参考にして災害ボランティアセンターへお越しください。

  仙台市津波災害ボランティアセンター

  ◆活動件数   34件  *300人程度のボランティアが必要です。

  ◆活動内容   家具移動、泥出し等

  ◆服装等   こちらに図で詳細を載せておりますが、長靴や防塵マスク、作業用ゴーグルや身につけるものはご自身でご準備いただきますよう、ご協力お願いいたします。

 ※あくまで本日(6月1日)に受け付けた件数です。翌日(6月2日)にお電話などでボランティア派遣要請をいただき、活動件数が増える場合があります。

※なお、ボランティア募集については、ボランティア数が充足した場合、募集を終了する場合もございますので、ご理解・ご了承願います。

※雨天の場合は、屋内での活動のみとなり、ボランティアの活動件数が少なくなる場合がございます。

♪今日の一言♪

本日、北部津波ボラセンと南部津波ボラセンが統合した「仙台市津波災害ボランティアセンター」がスタートしました。統合初日ということもあり、運営側は色々とバタバタしてしまいましたが多数のボランティアさんに来ていただきました。ありがとうございます!

また、本日は利府町社協を会場に、仮設住宅等被災者支援についての勉強会が開かれました。
新潟県中越地震ならびに中越沖地震支援の経験を持つ、柏崎市社協事務局長の浅野さま、長岡市社協の本間さまからご講演いただき、社協としての支援のあり方について意見交換が行われました。
仙台市内にも仮設住宅が立ちはじめていますので、これから仙台市社協としてどういったものが大切になっていくのか、今日の勉強会を踏まえて支援を考えていきたいと思います。

↑勉強会の様子です。

【職員:T】 

               【平成23年5月31日 19時40分 発信】


▲ このページの先頭に戻る