【重要】熱中症注意!

最近、活動中に熱中症を訴えられる方が非常に増えております!!
ボランティア活動者(もしくは活動希望者)の方々につきましては、以下のことに留意いただきましてご自分で体調管理の方を行って頂ますよう、よろしくお願い致します。

●無理な行程で日程を組まない。
●前日は、十分な睡眠をとってから活動に臨む。
こまめな水分・塩分補給を心がける。
※水分と塩分の両方を取ることのできる「スポーツ飲料」をご持参ください。
※塩飴など、塩分がとれるものもしっかりご持参ください。
●直射日光を避ける(帽子などをしっかりかぶる)
●衣服に風を適度に通す(休憩中にでも放熱を助けるため)
●服の色を工夫する。※黒色の服は体内温度が他の色に比べ10℃上がります!(光を反射するような色を着用する)
●無理をしない!(自分の体を知っているのは自分だけです。)  等

※万が一の通院の為に、必ず保険証(またはコピー)をご持参ください。

これらを実践していただき、自分の身は自分で守っていただくようよろしくお願い致します。(体調がすぐれない時には活動を中止する潔さもボランティアの一つだと思います。)

湿度が高いため、熱中症の発症がさらに懸念されます。
繰り返しとなりますが、どうぞ無理のない活動を心がけてください!


▲ このページの先頭に戻る