HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >7/7活動報告と7/8活動内容予定

7/7活動報告と7/8活動内容予定

本日7月7日(木)の活動報告と、明日7月8日(金)に予定しているボランティア活動についてお知らせいたします。

♪7月7日(木) 活動報告♪

  仙台市津波災害ボランティアセンター

  ●ボランティア受付者数  289名(うち、新規受付者数 99名)

  ●新規ボランティア依頼件数  15件

  ●ボランティア派遣人数   312名

  ●ボランティア派遣件数   29件(前日までの受付件数含む)

  ●内容:泥だし、片付け等

♪7月8日(金)に予定しているボランティア活動内容について♪

 7月7日(木) 19時00分現在、ボランティア派遣要請をいただいて、明日7月8日(金)に活動が予定されている件数、活動内容は次のとおりです。

災害ボランティア活動を希望される方は、次の内容を参考に仙台市津波災害ボランティアセンターまでお越しください。

  仙台市津波災害ボランティアセンター

  ◆活動件数  晴れの場合→27件 * 310名程度のボランティアが必要です。

          雨の場合→9件  * 80程度のボランティアが必要です。

  ◆活動内容  片付け、避難所手伝い、家具移動等

  ◆服装等  スポーツ飲料、防塵マスクや作業用ゴーグル、長靴等身につけるものはご自身でご準備いただきますよう、ご協力お願いいたします。

※なお、飲料水(スポーツ飲料)については、作業場所の近くには、コンビニや自販機等がない場所も多々ございますので、できるだけ多めにご持参ください。

※あくまで本日7月7日(木)に受け付けた件数です。明日7月8日(金)にお電話などでボランティア派遣要請をいただき、活動件数が増える場合があります。

※ボランティア募集については、ボランティア数が充足した場合、募集を終了する場合もございますので、ご理解・ご了承願います。

※雨天の場合は、活動が中止になったり、屋内での活動のみとなりますので、ボランティアの活動が少なったりする場合がございます。

♪今日の一言♪
今日は、社会福祉協議会(以下:社協)と協力しながら地域福祉推進を行なっている団体さんを紹介します。
今年2月のフォーラムでもお世話になりました、泉区に拠点を持つ「地域生活支援オレンジねっと」さんです。
こちらの団体は、「困ったときはお互いさま」をモットーとして個別生活支援を展開しています。

↑今年2月26日に行われた、「平成22年度ボランティアフォーラム」でパネリストを務める代表の荒川さんの写真です。(最近のものでなく、申し訳ありません。)

発災当時は通常通り小学生の放課後ケアの最中で、その子どもたちの送迎を終えた夕方から地域に住む一人暮らし高齢者のお宅に食料を届けながら、安否確認をはじめられたようです。
その後は、避難所支援を中心に活動されていたようで、今回の震災を機に男性の方の活動協力があり、「人と人とのつながりがいちばん大事だ」ということを強く感じたそうです。

仙台市社協が被災者支援活動をすすめるにあたり、こういった個別支援活動を展開している方々と連携することでより寄り添った支援が展開できると考えています!
このような事例がありましたら、ぜひ取材しに行きたいと考えていますので、お知らせください!

【職員:T】


▲ このページの先頭に戻る