HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >最近の宮城野区蒲生の様子を見てきました。

最近の宮城野区蒲生の様子を見てきました。

みなさんこんにちは。最近土日に雨が多いですが、本日も午後から仙台も雨になりました。
さて、ちょっと前になりますがボランティア活動終了後に、久しぶりに仙台港脇の蒲生干潟周辺に行ってきました。大分、がれき撤去なども進みきれいになっておりますが、あちこちに津波の痕跡があり、改めて被害の大きさを痛感してきました。

 

 

 

 

 

堤防はまだ壊れたままのようでした。また、干潟の砂地には仙台港から流されたとみられるコンテナが横たわっていました。

 

 

 

 

 

以前は転落防止の柵で、丈夫そうな金属製の支柱が根元から見事に街側に押し倒されています。また、干潟の脇にあった乗馬クラブは、馬の厩舎の土台を残し、建物はなくなっていました。

 

以前はがれきで覆われていた場所でしたが、撤去が進んでいました。しかし、見晴らしが良くなった分、寂しさを感じる風景ですよね。

仙台市の復興計画も進んでおり、みんなが幸せを感じられるような街になったらいいなと思います。


▲ このページの先頭に戻る