昨日は…

昨日は、青葉区の江陽グランドホテルにて「平成23年度仙台市民生委員児童委員大会」が行われました!

「民生委員・児童委員」という言葉はみなさんご存知でしょうか??

簡単に説明すると、地域住民の方の生活状況を見守り、支援が必要な方に適切な情報やサービスを援助いただく方々です。

今回の発災時には、ボランティアのチカラはもちろんのこと、民生委員・児童委員の方々が地域を見まわり、安否確認などを行なっていただいたことで、一人暮らし高齢者の方々等その後の支援がスムーズに行われたことは大きかったと思います。

当日は、奥山恵美子仙台市長にも会場に駆けつけていただき祝辞をいただきました。

長年ご協力いただいている方の表彰が行われた後…

河北新報社の論説委員大和田様のご講演をいただきました。

報道の立場から見た、これからの地域のつながり、それを支援していくためにはどういったことが必要なのかといった内容のご講演でした。

お話を聞いていて思い出したのは、震災翌日に「河北新報」朝刊が発刊されてたんですよね。
記者の方の底力というものに驚いたのと、8ページの中で今起こっていることの大きさを改めて知らされた記憶があります。

このことが実現できたのは、協定を結んでいる「新潟日報」の施設を借りられたからとのこと。こんなところにも”つながり”の大切さは現れているんですね。

少し余談になってしまいましたが…”つながり”が求められている今、こういった地域に根ざした活動を引っ張っていただく方々の支援をすることでみんなのEGAOにつなげていけたら…と思います!

【職員:S】


▲ このページの先頭に戻る