HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >「地域支え合いセンター」の活動が始まります。

「地域支え合いセンター」の活動が始まります。

みなさんこんにちは。本日は仙台市社会福祉協議会で新たな被災者支援が始まりますので、お知らせいたします。
その名も「地域支え合いセンター」!!です。

このセンターの大きな特徴は・・・の前に、みなさん仙台市の仮設住宅の状況ですが、大まかに言いますと(正確な数字は仙台市の公式HPをご覧ください)、プレハブ仮設住宅が約1500世帯、民間の賃貸物件(アパートやマンション)にお住まいのみなし仮設の世帯数が約8000世帯という状況です。つまり、仙台市内に被災者が点在している状況です。これは仙台市の特徴とも言えると思いますが、このような状況を踏まえ、このセンターではみなし仮設の方等を対象に、被災者支援情報や地域情報等の情報コーナーを市民センターに設置したり、市内20か所の市民センターを定期的に巡回し相談所を開いたり、さらに、サロン活動や交流会など地域支援活動を行う予定となっております。

明日12月1日に若林区七郷市民センターで事業開始式を行い、本格的な活動が始まります。詳細は 中核支え合いセンター 022−217−7234までお願いします。

“EGAOせんだい”も一緒になって支援に取り組んでまいります。

 

 


▲ このページの先頭に戻る