車イスなおし隊!

ボランティア活動を始めようとした矢先の東日本大震災。9か月目の12月8日(木)、震災を乗り越えて始動した全本田労連 宮城地方協議会さま「車イスなおし隊(勝手にネーミング)!?」の活動をご紹介します。

活動は青葉区にある台原老人福祉センター・デイサービスセンター利用者の車イス20台の修理・点検作業。

今回の活動に備えて福祉機器会社の指導も

受け、研究。しかし本職が自動車関係というみなさん、

車イスを見る目がまさにプロです。

でも、最初に手掛ける1台目は集合して慎重に確認作業。

         

チェック表も自前作成し、丁寧に見ていきます。安心感が広がります。

担当の八巻さんは、さらにスキルアップして活動していくこと、また今後、自分たちの活動がどなたでもできるように活動手法を広めていきたいと話していました。

※地域には様々な課題があります。ボランティアの第一歩を踏み出したい、スキルを活かしてボランティア活動をしたい、とお考えの企業・団体のみなさん、ぜひお気軽にご相談ください。


▲ このページの先頭に戻る