HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >『〜絆〜バレンタインプロジェクト』Part2!

『〜絆〜バレンタインプロジェクト』Part2!

伊達武将隊×藤崎百貨店×仙台市ボランティアセンター『〜絆〜バレンタインプロジェクト』2日目のお渡しの様子です!

一日目の様子はこちら
最後には、メンバーのインタビューコメントもありますので、要チェックです☆

メンバー:伊達政宗様、漆黒の政宗様、茂庭綱元殿、足軽組頭 杜野与六さん、黒脛巾組くの一 海さん・畑さん

?岡田西町公園仮設住宅

?七郷中央公園仮設住宅

?仙台港背後地6号公園仮設住宅

?六丁の目中町西公園仮設住宅

?荒井小学校用地仮設住宅

?福田町南1丁目公園仮設住宅

?卸町東2丁目公園仮設住宅

?JR社宅仮設住宅

みなさん、笑顔で迎えられたり、中には感極まって泣いてしまう方も…
でもみなさんステキなお顔ですね♪

武将隊のみなさんに二日間(もしくは、2日目)回られて感じた想いを伺ってみました!
※文末表現等至らない部分があるかと思いますが、ご了承ください。

【漆黒の政宗様】
本当にあっという間の2日間だった。街頭でチョコレートをお預かりした6日間も握手をして受け取っていた。中には、「(自分のかわりに)お届けお願いします。」「いってらっしゃい。」といった声ももらった。仮設住宅に住む方にお渡しする際も、自分の手を架け橋にして届けたいと思い、出来る限り、握手をしながらお渡しをした。全国のみなさんからの力強い顔から、被災された方の笑顔へ…その”絆”を感じてもらえたらうれしい。
ボランティアセンターの協力がなかったら、できなかったので感謝している。

※漆黒様は、藤崎前でのチョコレートお預かり期間6日間と仮設住宅を回った2日間すべてにご参加いただいております。なので、バレンタイン武将として喜びも一塩なのではないでしょうか。

【茂庭綱元殿】
今回回らせていただいて、街頭での「絶対に届けてね。」「応援しているよ。」という声を愛をこめて届けたいと思っていた。
ただ、仮設住宅の皆さんが受け入れてくれるのか不安があった。そんな中でみなさんの想いを届けに来たはずなのに、”ありがとう”という言葉をいただいてうれしかった。
みんなの元気がみんなの笑顔へと輪になったことを実感できてよかった。

※綱元殿は、仮設住宅の方からカラオケ大会のお誘いを受けてらっしゃいました!
美声を披露していただいたり、ムードメーカーとしてみなさんを楽しませていました。

【足軽組頭 杜野与六さん】
仮設にははじめて伺ったが、みなさんがどう思っているのか最初不安だった。
そんな中で、みなさんがあたたかく迎え入れてくれて、本当に嬉しかった。
お互いの心が交流できたことを感じたので、よかった。
ちょくちょく仮設住宅に伺うわけにはいかないが、みなさんにもあたたかくなったら今度は仙台城でお会いしたいなと思う。

※与六さんの機転のきいた進行により、記念撮影等をスムーズに行うことができました!さすがは親方様から苗字をいただいた方だけありますね。

【くの一 海さん】
届け先の皆さんに喜んでいただいて、本当に嬉しかった。
今度は、(チョコレートを預けていただいた方等)ご協力頂いた方に武将隊を通じて、この喜びを届けたいと思います。

【くの一 畑さん】
なかなか仮設住宅に伺う機会が無かった。
そんな中で今回伺うことができてよかった。
街中の方も今回はチョコレートという形で、気持ちを形にすることができた。
武将隊として、今後もこのような機会に携わりたい。

※海さん、畑さんはくの一ということで「ニコニコ体操」を考案し、児童館等で子どもさんとふれあえるように回られているとのこと。ぜひこちらも披露いただけるような機会をつくらせてください!

【伊達政宗様】
今日一日ではあったが、バレンタイン武将が漆黒(の政宗様)ということでがんばっていた。
仮設住宅を訪れてみて、実際には辛くても表面は笑顔でこちらを迎えてくれた。そこで、逆に元気をもらった。チョコレートを通じて、さらに”絆”が強まったのでは。
あの人たちのために…もっと宮城と全国との絆を強めるためにおもてなしをしていきたい。
そのために、いろいろな人たちとこれからも協力していかなくては。

※親方様は、一日だけの参加ではありましたが、優しい笑みを浮かべながらチョコレートを配られていました。きっとおもてなしの心はみなさんに届いています!

一日目のみご参加だった伊達成実殿、支倉常長殿、隠密 空さん、足軽 田七さんのコメントご紹介できずに申し訳ございません!

EGAOせんだいも、伊達武将隊から”おもてなし”の心を少し分けて頂きましたので、仙台のまちがEGAO(笑顔)でいっぱいになるようにすすんでいきたいと思います!


▲ このページの先頭に戻る