HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >スターバックスコーヒーイベント (若林区編)

スターバックスコーヒーイベント (若林区編)

今日は九州・沖縄からはるばる、スターバックスコーヒージャパンの店長さんたちが宮城野区・若林区の仮設住宅を訪問し、「春のカフェ」を開催。社長の関根さんも、店長さんたちのボランティア活動をバックアップするため精力的に仮設住宅をまわられていました。

ブラックからカプチーノ、シナモンパウダー、バニララテなど、お店でいただくのと変わりない品揃えですが、コーヒーが苦手な人のために紅茶も準備されています。

荒井7号公園仮設住宅の談話室の中はコーヒーの香りで包まれ、「こんなに手間ひまかけて淹れたコーヒーは久しぶり」とおしゃべりもはずみます。

七郷中央公園仮設住宅では、沖縄弁?のクイズが出されて当たった人には金のメダル(チョコ)が渡されました。とっても嬉しそうです。

六丁の目中町西公園ではミルクの泡立てに視線が集中。プロの技が披露されました。

卸町東二丁目公園仮設住宅では、東京にある自由学園からも学生ボランティアが参加し、「上を向いて歩こう」の歌でカフェタイムを盛り上げていました。

福田町南1丁目公園仮設住宅では、まるで女子会のような賑わい。扉を開けたとたんに「コーヒーをどうぞ」と笑顔で渡してくれます。

鶴巻1丁目東公園仮設住宅・仙台港背後地公園仮設住宅のカフェには残念ながら間に合いませんでしたが、鶴巻1丁目東公園のみなさんの集合写真をいただくことができました。

みなさん、おいしい笑顔をありがとうございました!!


▲ このページの先頭に戻る