1年が過ぎました。

みなさん。こんにちは。

早もので震災から1年が経ちました。新聞やテレビは震災関連でいっぱいになっていますね。ただ、これが区切りということにならないようにしてほしいですね。時間的には1年の区切りですが、被災者の生活はまだまだ支援が必要な方が大勢いらっしゃいます。

仙台市ボランティアセンター・復興支援“EGAO(笑顔)せんだい”サポートステーションでは、これからもボランティアによる支援を継続してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。(手書きの“カンバン”をいつかは綺麗にと思っていましたが、あの頃の気持ちや想い、勢い、切羽詰まった感じ、疲れなど、改めて考えるといろんな事が詰まっているなあ〜と思い、今ではこれもいいな!ということで、最後までこれでいくつもりです。)

 


▲ このページの先頭に戻る