HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >お裁縫カフェ〜お地蔵さまづくり会〜

お裁縫カフェ〜お地蔵さまづくり会〜

みなさまご無沙汰しております。
最近は、暑かったり寒かったり体調崩されていませんか?

さて、EGAOせんだいでは、民間賃貸借り上げ仮設住宅にお住まいの被災された方を対象とした登録制の情報提供事業を行なっております。
こちらのご登録をいただいた方に、各種イベント等の情報をEメールで配信し、参加者を募集しています。
(民間借り上げ賃貸住宅にお住まいの方で、まだ登録していないけれども、こういうイベントに参加したい!という方、022-266-6805までご連絡お待ちしております。)

EGAOせんだいでは、昨年から特技を持ったボランティアのみなさんや、企業・団体様のご協力により、こういったみなさんがホっと集まれるような手づくり会をおつなぎしてきました。(過去のものはBlog内「EGAOのボランティア」をご参照ください。)

本日は、久しぶりに福祉プラザで行われたボランティアイベントの報告をしたいと思います☆

「お裁縫カフェ〜お地蔵さまづくり会〜」では、手のりサイズのかわいらしいお地蔵様をチクチクしてきました!
着物地の布をパーツごとに裁断、手縫いで仕上げていきます。

今年度、カフェのような形式でのイベントは初めて。
中には「あら、久しぶり〜」との声や「いつもお世話様!」と声をかけてくださる常連さんもチラホラ。
「休みが合って娘とやっと来れました。」と初めての方ももちろんいらっしゃいます♪

今回、共催した「仙台市ボランティア連絡協議会」さんは、仙台市内のボランティア団体のみなさんのネットワーク。設立から今年で27年目にもなります。
その中のお一人、角田忠子さんに講師をつとめていただきました。


(写真左が角田さん。正面ではなく、すみません。)

実は、角田さんも被災されたお一人。
だからこそ、みんなで少しでも和めるような時間を持てたら…との思いを持たれ、こちらの企画をご提案いただきました。

同じパーツから生まれたとは思えないくらい、みなさんそれぞれ表情が違う!!
ただ、共通していることは…やさしそうなお顔をしていること。

「ぶきっちょでもできました☆」
「ねぇ〜ここどうするんだっけ?」
「かわいいねぇ〜」
「毎朝、拝むんだっけよ。」

そんなやりとりをしながら笑顔が広がっていました。みなさんと楽しく作ることができたからなのでしょうね。

みなさんとEGAO(笑顔)になれるような企画大大大募集です!!
パン教室、男の料理教室、梅雨も吹っ飛ばすようなパワフルな企画、アロマ教室…ご自身の特技を活かした、こんなことできるよ〜など…なんでも結構です☆

お天気の日には、みなさんでお散歩がてら福祉プラザでみんなとおしゃべりしませんか?
また、そんなしゃべり場を提供してみませんか?
どちらもご希望の方、022-266-6805までお電話お待ちしております!!ボランティアセンターが活動の場を調整いたします♪


▲ このページの先頭に戻る