HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >【募集】「IRODORI(彩)せんだい〜被災農地に彩りをつけましょう!」〜ボランティア募集(7月27日配信)

【募集】「IRODORI(彩)せんだい〜被災農地に彩りをつけましょう!」〜ボランティア募集(7月27日配信)

〜被災農地に彩りをつけましょう!〜
「IRODORI(彩)せんだい」とは、津波被害にあった農地で今は耕作しない畑に食物や花の苗を植え、緑豊かだった景色を少しでも再生するとともに、被災者の方が農業を再開しやすいように農地を整えることをお手伝いする活動です。

今回は、栽培しやすい山形産「最上早生」の種を本場山形のお蕎麦屋さんのご協力をいただき蒔きます。
活動は、畑に堆積している砂や漂流物を撤去するところから始めて、畝づくりや溝掘りなどの準備を整えて“そば”の種を蒔きます。そばの花は白くて綺麗なのをみなさんご存知ですか?その後、引き続き必要な世話を行い、秋には収穫祭として関わった皆さんで“そば”打ちを行うなど交流まで含めた継続的な支援を続ける予定です。

つきましては、下記の日程でボランティアさんを募集します。個人の方はもちろんですが団体の方も大歓迎です。是非、ご協力ください!!お願いします。ご協力いただける方は、022−266−6805(お電話の受付は、日曜日を除く9時〜17時となります)までお電話でお申し込みください。

また、活動には「ボランティア保険への加入」(別に同等の保障内容の保険に加入している場合は再度加入する必要はありません。また、企業等で仕事の一環として社員を派遣し労災等の対応をとる場合も加入の必要はありません。詳細はお問い合わせください)「EGAOせんだい」への登録が必要です。まだ、登録していない方につきましてはお電話でその旨お伝えください。(簡単に加入できます)

■日  時(集合9時50分/活動時間10時〜15時)
・8月2日(木)、8月3日(金)、8月4日(土)、8月9日(木)、8月10日(金)
※1日だけでも、連続の参加でもOKです。個人、団体も問いません。
■募集人数
・各日30名
※先着順で受け付けいたします。
■活動場所
・仙台市若林区種次
※詳細はお申込み時にご説明いたします。現地集合になります。
■交通手段
・公共交通機関、自転車、原付、自家用車
■持ち物
・軍手、ゴム手袋、長靴、タオル、昼食、飲み物

被災した方へ、少しでも笑顔になれるものを届けられるように、皆様のご協力をお願いいたします。よろしくお願いします。


▲ このページの先頭に戻る