【そば畑作り活動報告】

ご報告が遅くなりました。
昨年に引き続き、被災農地の景観回復や被災者の方が農業を再開しやすいように農地を整えることをお手伝いする活動の一環として、津波被災した畑にボランティアさんの協力のもとそばの種蒔きを行いました。

 

作業内容は
?畑に流入した瓦やガラスの破片、大きな石などを除去
?畝や溝を作り
?そばの種蒔き
 



場所によって石の多い場所や元々の畑の土が流されてしまい堅い粘土質の土だけになった場所もあり、土を掘り起こして畑にしていく作業に苦労しましたが、たくさんのボランティアの方の協力をいただき多くの畑に種をまくことができました。


 

 


今回の活動では約120名の方に参加いただき、多くの畑に種をまくことができました。連日活動いただいた方や遠くからいらした方、団体で協力いただいた方、宮城県内、仙台市内で継続的に協力いただいている方などたくさんの方からご協力を頂きました。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。 


 『今後の予定』

そばの収穫時期も近づいてまいりました。そばの実の収穫作業と収穫後の畑の整地作業を行うボランティアの募集をしていますので、ご協力いただける方はご連絡下さい。

 

 


▲ このページの先頭に戻る