HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >素敵な偶然の出会い【12月13日配信】

素敵な偶然の出会い【12月13日配信】

先日、当ボランティアセンターに
東北学院大学セツルメント会の方たちがおいでになりました。

この度会の役員交代があったそうで、
新たに役員となられた1・2年生の方たちが
わざわざごあいさつに来てくださったのです。

東北学院大学の「セツルメント会」さんは、
60年前に設立された長い歴史を持つボランティア団体さん。
もともとは、貧しい人が住む地域の方々の生活向上のために
活動する団体として設立されたそうですが、
時代も変わり、現在では学生さんたちの社会貢献や、
自己成長のための活動を行っている会だそうです。


 今回おいでになられた学生さんたちは『第59代』役員の皆さん。

そこにたまたま福祉プラザを利用中の方がボラセンにおいでになり、
「今、小耳にはさんだんだけど、学院のセツルの学生さん?」とのお声掛けが・・・。
なんとその方はセツルメント会の卒業生、『第10代』の方だったのです。

長く続く活動の会ならではの偶然の素敵な出会い。

お互いに自己紹介から始まり、
どんな活動をしているのかなど
しばし、ボラセンのフリースペースで話に花が咲いていました。

素敵な出会いに、私たちボラセンスタッフも思わず感激でした。


▲ このページの先頭に戻る