HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >兵庫県立川明峰高等学校からボランティアにきてくださいました 【8月27日配信】

兵庫県立川明峰高等学校からボランティアにきてくださいました 【8月27日配信】

8月20日、兵庫県立川明峰高校より有志のみなさん30数名で、

仙台市宮城野区の高砂1丁目仮設住宅を訪れてくださいました。

 

8.20 001

 

 

 

 

 

 

午前中は、蒲生近辺を視察していただき、午後からは集会所付近にて

仮設の皆様とフォークダンスを行い、楽しんでいただきました。

 

8.20 011

 

 

その後、集会所で写真立てを作っていただいたり、

男子は、外の清掃や雑草取りをしていただきました。

暑い中、大変ありがとうございました。

 

 

21日には、扇町1丁目仮設住宅を訪れていただき、

住民の方と一緒に、仮設住宅周辺の雑草を取っていただきました。

お昼は、住民の方たちと一緒にとっていただき、

午後からは、集会所でフォークダンスを行い、

皆さんとふれあい、その後はステンシル作りを一緒に楽しんでいただきました。

また、川西明峰高校様より両仮設住宅に辞書が寄贈されました。

 

8.21 018

 

2日間に渡り、遠方よりご支援いただき、誠にありがとうございました。

仮設住宅の環境整備をしていただき、住民の方々も励ましていただき

大変助かりました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 


▲ このページの先頭に戻る