HOME > 東日本大震災における災害ボランティア活動に関する情報 >心を咲かそう、仙台チューリップ大作戦 〜農業園芸センターを清掃しよう〜(5/6)

心を咲かそう、仙台チューリップ大作戦 〜農業園芸センターを清掃しよう〜(5/6)

若林区の沿岸地域は津波の影響で大きな被害が出ています。ここ農業園芸センター(若林区荒井)も津波の被害に遭い、トラクター等の農機や休憩室の畳などが海水に浸かってしまったそうです。

そのような中、このセンターでは津波被害に負けじとチューリップがきれいに花を咲かせています。そんなチューリップの姿にあやかろう!と、5月5日(木)、その農業園芸センターをボランティアの手によって清掃して、津波被災者の思い出の品々(写真、記念品など)を展示しようという『チューリップ大作戦』なるプロジェクトがスタートしました。集まったボランティアは90名!!まずは皆で清掃です。

この日は風が強く、マスクの中まで砂が入りこむような過酷な状況でしたが、津波に負けなかったチューリップのように、ボランティアさんも元気に活動してくれました。

農業園芸センターのチューリップたち。力強く、そして、きれいに咲いています。

 

津波により土砂が大量に流れ込んでいます。

 

大勢のボランティアが作業の準備中

埃まみれで作業に勤しみます。

こんなに土砂、ゴミがあるんですねぇ。

※チューリップ大作戦は本日(5月6日)も決行中です!(^^)!


▲ このページの先頭に戻る