EGAO通信(活動の様子)

東京から玉川聖学院のみなさんが荒浜に来てくれました【4/12配信】

3月30日に東京都世田谷区にある玉川聖学院高校の生徒たちと先生方8名が、

若林区荒浜の再生を願う会のみなさんと交流し、海岸清掃してくれました。

 

 

玉川聖学院のみなさんは、昨年も、仙台と岩沼を訪問し、 住民の方たちと

交流しました。     生徒たちは、再生願う会の方の震災当時のお話しに、と

ても熱心に耳を傾けて 被災者の方に寄り添ってくださいました。

 

 

DSC02487

 

 

お話しの後は、荒浜海岸に出て、みんなで清掃してくれました。

 

 

DSC02492

 

被災地が現在、復興公営住宅等が建設され、新たなコミュニティ作りなどの 課題に取り

組んでいる状況もよく理解していただき、 来年も是非、訪れたいとのお話しがありまし

た。

 

玉川聖学院のみなさん、遠方よりご協力ありがとうございます。 支援の輪がひろが

りますよう、これからもよろしくお願いいたします。

 

甲府東高校にみなさんが荒浜にいらしてくれました【3/28配信】

3/18に山梨県甲府東高校にみなさんが、春休みの中、若林区荒浜に

海岸清掃に来てくれました。

当日、風が強く吹きつける中、荒浜再生を願う会の方々からのお話に

みんな熱心に耳を傾け、沢山の海岸のごみを拾ってくれました。

 

 

DSC02445

 

浜辺で長時間格闘したあとは、波打ち際にみんなで輪になって、大自然の息吹を感じ、

そして一体感を感じました。

その後は、荒浜小学校をみんなで見学しました。

 

DSC02470

 

 

 

みなさん、寒い中休まずに、本当に一所懸命に活動してくれました。

荒浜は、数時間で見違えるようになり、住民の方々もみんな喜んでくださいました。

 

DSC02480

 

 

山梨県立甲府東高校のみなさん、遠方よりのご支援ありがとうございます。

みなさんの想いを大切に引き継いで、荒浜を守り育てていきます。

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

兵庫のみなさんが中野学区合同慰霊祭に参加してくれました【3/22配信】

3月12日(日)に宮城野区中野学区合同慰霊祭が行われ

ひょうごボランタリープラザの皆さんがお手伝いに来てくれました。

 

7回忌の今年は、なかの伝承の丘慰霊碑前に、多くの方が参列され、献花されました。

ボランタリープラザの皆さんは、地元復興委員の方々と一緒にメッセージを付けたバ

ルーンを作ってくれました。

 

DSC02382

バルーンを作り終わりると、いままでの肌寒い曇り空が突然、明るく晴れ渡り

暖かな日が差してきました。

 

バルーンを参列者の方に手渡し、最後にみんなで空に飛ばしました。

DSC02389

 

バルーンは、空高く、きれいに舞い上がり、皆で見送りました。

 

 

DSC02401

 

その後は、高砂市民センターで住民の皆さんと交流会が開かれ、

杜の都の笑楽隊の方々の演芸や琵琶演奏、ご当地アイドルORI☆姫隊のショー

などがありました。

 

DSC02407

 

その後、中野ふるさと学校さんのご案内で避難タワー、日和山、3.11メモリアル交流館を視察されました。

 

ひょうごボランタリープラザの皆さんは、震災後、継続して、

支援してくださっています。

 

 

ひょごボランタリープラザの皆さん、いつも元気づけていただき、

大変ありがとうございます。

そして、中野ふるさと学校の皆さま、復興委員の皆さま

お疲れ様でした。

 

 

 

皆さんが、撒いた支援の種が、被災地に元気をもたらし、

交流の輪がひろがっています。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

福祉プラザで還りびなと吊るし桃飾り展が行われています【3/7配信】

2月23日~3月14日まで、福祉プラザ1Fに、「仙台かえりびなの会」のみなさんが

作成した「還りびな」と「吊るし桃かざり」が展示されています。

 

DSC02366

 

「仙台かえりびなの会」では、東日本大震災から6年がたちましたが、みんなの想い

を伝えたいとのことで、震災の行方不明者と同数の還りびなを作成、

その一部が展示されています。

 

DSC02357

DSC02362

 

 

女川町などでも展示され、会の活動は、多くの人々の共感を呼び、

歌手の岸田智史さんが、曲を提供してくれました。

 

3月1~15日は、若林区のせんだい3.11メモリアル交流館で展示されます。

是非、みなさんも足を運んでください。

 

「仙台かえりびなの会」みなさん、いつも笑顔でありがとうございます。

みんながふるさとに戻れますように、ふるさとが早く元の姿に戻りますように。

 

宮城野区田子西3丁目町内会でクラッシック演奏会が開かれました【2/17配信】

2月5日に、(公財)音楽の力による復興センター・東北さんの

ご支援により 4名の演奏者が田子西3丁目町内会に来てくれました。

「春を招く 早春コンサート」と題した、仙台、福島の演奏家に

よって 結成された 杜の弦楽四重奏団のみなさんによる演奏会で、

一足先に、 集会所に春が訪れました。

37939703_2017-02-07_13-06-55_IMG_2452s

 

クラッシックの名曲、民謡、歌謡曲、童謡などバラエティに富んだ、

盛りだくさんのプログラムで、満員の客席も笑顔があふれました。

また、「曲当てクイズコーナー」などもあり、みんなさんも大いに 笑いました。

最後に、合奏団の演奏に合わせ、みなさんで「故郷」を歌いました。

37939835_2017-02-07_13-09-26_IMG_2569s - コピー                                 撮影:大峡 勝一様(ボランティアカメラマン)

 

みなさんのこころがあったまる、とっても豊かなコンサートでした。

音楽の力による復興センター・東北さん、杜の弦楽四重奏団さん、

すばらしい演奏会ありがとうございます。 これからも、美しい演奏で 癒しと

喜びをみなさんにもたらしてください。

「のびすく」仙台でマジックボランティアがありました【2月15日配信】

1月28日(土)に、仙台市青葉区にある「のびすく仙台」で

日本コミュニケーション協会所属の小島さんが、

マジック公演を行いました。

小さい子どもたちと、お父さん、お母さんたちがたくさん

見に来てくれました。

 

子どもたちの声援でボランティアさんパフォーマンスも

最高潮に盛り上がりました。

 

1485607435815

 

小島さんは、大震災の後、継続的に地元の復興支援活動をされています。

いつもみんなさんを楽しませてくれて、

大変ありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

 

 

 

ボランティアセンターアドバイザーさんによるサロンが開かれました【2月3日配信】

1月28日(土)に、ボランティアセンターアドバイザーによる

サロンが開催され、みんなで、 「おひな様」 を作り、交流しました。

身近にあるペットボトルや折り紙を使って、 楽しく手作りをして、

小さく可愛らしい「おひな様」に 参加者も自然に笑顔になりました。

 

DSC02222

 

 

次回のサロンは、3月18日(土)10:00~12:00

パソコン講座「エクセルで作る名簿」を 予定しています。

みなさん、お気軽にご参加ください。

手芸サークル「ゆらら」様より手編みのマフラーが届きました【12月21日配信】

いつも心のこもった手芸作品を送ってくださる、名古屋市の手芸サークル 「ゆらら」様

から、手編みのマフラーが届きました。

今回は、宮城野区の復興公営住宅にお住まいの方々にお渡ししました。

 

dsc02213

 

 

暖かなこころは必ず伝わって、波となり、いずれ「ゆらら」の皆さんにも

帰っていくのでしょう。 「ゆらら」様、いつもご支援ありがとうございます。

みなさんの優しさが、ゆらゆらと届いています。

 

宮城野区田子の復興住宅地に演芸ボランティアが来てくれました【12月16日配信】

12月9日(金)、宮城野区田子西3丁目町内会に演芸ボランティアの

「おこぴー」さんこと小越さんが来てくれました。

はじめに腹話術の「はるちゃん」登場、みんなを笑わせた後は、

懐かしい昭和の紙芝居の実演、紙芝居クイズで景品も出ました。

そのあと、おこぴーさんのアコーディオン演奏で日本の唱歌を

みんなで合唱。

最後は、紙芝居のアンコール。

「仙台四郎」のお話をおこぴーさんの熱演で楽しみました。

みなさん、子ども時代に戻って聞き入ってました。

 

dsc02205

 

おこぴーさん、いつもみんなを楽しませてくれて、ありがとうございます。

また、懐かしさいっぱいの貴重な日本の演芸で楽しませてください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

里海荒浜ロッジ再建支援ご協力について【12月15日配信】

若林区「荒浜再生を願う会」では、昨年10月に火事で焼失した

活動の拠点であった「里海荒浜ロッジ」が、新たに再建され

広く市民に活用される予定ですが、建設にともない 寄付を呼び

掛けています。

 

詳しい内容を問い合わせたい方、ご協力して

くださる方は、

荒浜再生を願う会 庄司さんまで

メールアドレス arahama.reborn@gmail.com

 

 

復興公営住宅にオカリナ&エレクトーン演奏が来てくれました【12/6配信】

11月20日(日)、宮城野区にある宮城野市営住宅にルリアールさんが来てください

ました。

山形県の音楽ユニット、ルリアールさんによるオカリナ&エレクトーンの演奏会が

ありました。

 

dsc_3663

 

 

会場は、日曜日ということもあり、今までで一番多くの人が集まってきてくれました。

集会所は、椅子も足らなくなり、ぎゅうぎゅうとなり、ルリアールさんのぬくもりが

伝わってくるあたたかい雰囲気の演奏会となりました。

参加したみなさんも、びっくりするくらい大きな声で歌を歌って、元気になったよう

です。

 

 

 

ルリアールさん、いつも支援ありがとうございます。

また、その笑顔で皆さんを元気にしてください。

これからもご協力よろしくお願いいたします。

 

整体と音楽のボランティアが太白区のデイサービスでありました【12/6配信】

11/19(土)、セントケア東北(株)太白山田営業所に整体と音楽のコラボレーション

で、ボランティア活動されている菅野哲也さんと小田照陽さんのお二人が来てくれまし

た。   今回は、初めてのデイサービスセンターの訪問となりましたが、踊り(ソーラン

節)、 認知症予防体操、ズンドコ体操、クラリネット演奏、マジックショーなどを行い

まし た。

 

1480313486922

 

 

クラリネット演奏では、曲に合わせてみんなで歌い、マジックショーは、

皆さん驚き と 感動の拍手をいただきました。整体も温かい手で、一人一人

膝をさすり施術して、 癒 さ れたようでした。 職員の方々も参加して一緒に

盛り上がてくださったおかげで、大盛 り 上がりの 1時間となりました。

 

1480313465720

 

 

菅野さん、小田さん、いつも楽しく癒してくださり、ありがとうございます。

また、熱のこもったパフォーマンスを見せてください。 ご支援よろしくお願い

いたします。

 

茨城県常総市立石下中学校のみなさんが支援に来てくれました【11/28配信】

11月18日(金)、宮城県を訪れて下さった茨城県常総市立石下中学校2年生の

生徒と先生の皆さん124人と、宮城野区中野地区の住民の皆さんとの交流会が

高砂市民センターで開かれました。

 

元仙台市立中野小学校校長先生から、震災後のお話し、そして中野ふるさと学校の

佐藤代表からも中野地区の詳しい状況のお話しをいただき、

石下中学校の皆さんからは、応援旗・文字鶴・プランター寄贈がありました。

そして、合唱の披露がありました。

 

石下中学校の皆さんは、一昨年、高砂一丁目仮設住宅を訪問され、

蒲生海岸の清掃など支援に来ていただきました。昨年も仙台を訪れる

予定でしたが、大型台風の被害にあい、こちらに来られませんでした。

この時、宮城野区の高砂一丁目、仙台港背後地6号公園、鶴巻一丁目

東公園仮設住宅の自治会長さんたちが石下中学を慰問してくださいまし

た。今回はそのお礼ということもあり、石下中学の皆さんがまた今年も

来てくださいました。

 

dsc02166

 

 

 

dsc02179

 

交流会の後は、中野小学校跡地慰霊塔に移動し、献花し黙とうしました。

震災直後の中野小学校のお話し、中野小学校区復興対策委員会の委員長さん

から地区のお話しなどをいただき、石下中学の生徒さんのからは作文の朗読が

ありました。

互いに励ましの言葉を贈り合い、その後、慰霊塔周辺の清掃をみんなで行いました。

 

dsc02197

 

茨城県常総市立石下中学校の皆さん、今年もご支援ありがとうございました。

このご縁を大切にして、交流の輪を大きく生かしていきます。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンライズ東照宮町内会様から、熊本に絵本の寄贈がありました【10月27日配信】

仙台市青葉区にあるサンライズ東照宮町内会様が、仙台市立五城中学校の

みなさんに本の寄贈を呼び掛けて熊本県社会福祉協議会ボランティアセンター様

に絵本など100冊を寄贈しました。

サンライズ東照宮町内会様にも東日本震災当時、絵本の寄贈を受けた経験があります。

その絵本を町内会で「絵本の館 3.11」として本の貸出などを行ってこられた

という経緯もあり、今回の寄贈につながったとのことです。

絵本の他にもメッセージが付いた栞なども贈られ、こころが暖まる贈り物と

なりました。

 

届けられた本は、保育士さんたちの手元に渡り、保育園で読み聞かせに

活用されているとのことです。子どもたちの中には、震災の影響でよく

眠れなかったり、なかなか落ちつかないといった子たちもいるよう

ですが、今回の絵本も、きっと子どもたちを支えてくれるでしょう。

 

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e7%94%ba%e5%86%85%e4%bc%9a%e6%a7%98%e5%af%84%e8%b4%88%e7%b5%b5%e6%9c%ac%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

サンライズ東照宮町内会様、仙台市立五城中学校の皆さん、ご支援ありがとう

ございます。これからも復興の輪を大切にしていきます。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

田子西中央町内会集会所でマジックショーが行われました【10月26日配信】

10月16日(日)、宮城野区田子西中央町内会集会所にて日本コミュニケーション協会

様によるマジックショーが行われました。

 

田子市民センター様のご協力で、集会所には田子周辺の多くの住民さん、そして子ども

たちもたくさん見に来てくれ、80名程が集まりました。

 

 

10%e6%9c%8816%e6%97%a5%e2%91%a3

 

 

様々なコスチュームに身を包み、お馴染みのマジックレンジャーもやって来ました。

みんなの前で不思議ワールドが炸裂。

楽しくマジックを満喫した後は、参加者にマジックグッズのプレゼントがありました。

 

 

10%e6%9c%8816%e6%97%a5%e2%91%a1

 

 

今回で、東北第7弾となる日本コミュニケーション協会の皆さんの

ボランティアツアー。

いつも全国から駆け付けて、被災地に元気と勇気と笑いを届けて

いただきありがとうございます。

これからもマジカルボランティアツアーでみんなを元気にしてください。

 

10%e6%9c%8816%e6%97%a5

 

 

 

田子西3丁目集会所で歌声喫茶が行われました【10月26日配信】

10月15日(土)に宮城野区田子西3丁目集会所にて歌声喫茶が開かれました。

今回は、仙台合唱団の皆さん19名が歌声を披露してくださいました。

シンバル・ドラム、キーボードなどの演奏も入り、リクエスト曲を全員で歌い、

演奏に合わせて一緒に踊りました。

 

 

img_2699

 

 

美味しいコーヒーやジュース、お菓子をつまみながら皆さんとても積極的に、

参加していただきました。

 

 

img_2698

 

 

 

 

仙台合唱団さん、いつも憩いのひとときを与えてくださって

大変ありがとうございます。

これからも豊かなコミュニティ作りに、ご協力よろしくお願いいたします。

トヨタ車体から農地支援に来てくれました。【10月14日配信】

10月1日(土)、愛知県に本社があるトヨタ車体株式会社様から15名の方がボランティ

に来てくれました。

 

 

若林区荒浜にある慰霊塔や、その周辺を視察した後、

JA仙台様のご協力を得て、同じく若林区にある井土生産組合の農地支援を

行いました。

 

連日の雨で地面が、まだやわらかい状態の中、熱心にねぎの収穫などのお手伝いをして

いただきました。

お昼は、組合の方々と一緒にお弁当を食べて、語り合い交流されました。

 

dsc02112

dsc02124

 

 

 

トヨタ車体の方々は、震災後継続的に東北の復興支援のため、

お力添えいただいています。

トヨタ車体のみなさん、温かいご支援ありがとうございました。

 

これからも、みなさんとの復興の輪、交流の輪を大切にしていきます。

今後とも、ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

名古屋の手芸サークル「ゆらら」様より支援物資が届きました【9月30日配信】

名古屋市中心で活動されている手芸サークル「ゆらら」様から、

手編みのバック、スマホバック、皮のキーホルダーなどが届きました。

「ゆらら」様は、いつもマフラーなど心のこもった作品を送ってくださってます。

 

震災から5年以上たち、プレハブ仮設住宅も10月で解体となり、みなさん自立に向けて

動き出していますが、いまだ支援が必要とされています。

 

 

dsc02048

 

 

「ゆらら」様、いつも遠方よりご支援ありがとうございます。

復興支援でつながった笑顔の輪、これからも大切にしていきたいと思います。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

高砂市民センターで草木染体験会が行われました【9/27配信】

9月3日(土)に宮城野区の高砂市民センターにて、東京都港区に本社がある蝶理株式会社さんによる草木染体験会が行われました。

蝶理さんは、毎年、天然素材を使った染物の体験会を、子どもたちと一緒に開催してくれています。

 

 

dsc02032

 

 

ひまわり、レモングラス、くちなしなどから作った染料で、ビー玉、割りばしなどを使い、バンダナをおもいおもいの色に染めました。染物を体験しながら、自然に親しめる、楽しく、ためになるイベントです。

お兄さん、お姉さんたちにお教わりながら、集まった22人の子どもたちは夢中で作品作りにとりくみ、あっという間に時間が過ぎていきました。世界でたったひとつの自分の作品がどんな仕上がりになるのか、みんな興味深々のようでした。

 

 

dsc02036

 

 

できあがった作品をみんなで持って、庭に出て、記念撮影をしました。子どもたちは自分の作品をもって、楽しげにはしゃいでいました。

 

 

dsc02039

 

 

お兄さん、お姉さんたちと一緒にみんなで作った作品は、きっと思い出の品となるでしょう。

蝶理株式会社のみなさん、毎年、貴重な草木染の体験会ありがとうございます。

これからも、子どもたちに笑顔と夢を与え続けててください。

 

 

 

 

 

 

宮城野復興公営住宅に整体と音楽ボランティアのお二人が来てくれました【9月15日配信】

9月2日(金)、宮城野区にある宮城野復興公営住宅に整体の大分在住の小田照陽さんと相馬市から音楽演奏などを行っている 菅野哲也さんのお二人が来てくれました。

 

お二人は、「整体と音楽のコラボレーション」と題して、福島や宮城を訪れ、癒しのサロンを開かれています。仙台では今回が2回目のボランティアとなります。

 

dsc02011

 

菅野さんが、住民さんのリクエストに合わせクラリネットを披露される中、小田さんは住民さんと交流、施術されました。

 

dsc02014

 

また菅野さんのクラリネットに合わせ、住民さんたちが歌を披露され、みんなで合唱したりしました。

続いて、菅野さんの指揮でレクリエーション体操を行い、リラックス。その後はユーモラスなマジックでみんな笑顔になりました。

 

 

 

dsc02017

 

 

小田さん、菅野さん楽しい癒しの場を設けてくださり、ありがとうございました。

新しいコミュニティ作りは、始まったばかりです。

みんなで楽しいコミュニティの輪を広げていきましょう。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

月別アーカイブ


▲ このページの先頭に戻る