EGAO通信(活動の様子)

学校×児童館×企業×夏休み=EGAO!【8月28日配信】

東日本大震災の年から継続して支援活動を行っている蝶理株式会社様が、今年も楽しい企画と一緒に仙台に来てくださいました。

昨年の様子はこちらに

昨年来て下さった際に、ふと会話の中でお子さんと一緒にこんなモノづくりができると、きっとうれしいだろうなとつぶやいたことを覚えていてくださり、今年はお子さんに対するモノづくり体験を企画してくださいました。

午前に訪れたのは、荒浜小学校と東宮城野小学校。

小学校 縦

荒浜小学校は津波の被害により、現在元の校舎は使えず、東宮城野小学校に併設されています。

今回の企画は小学校の夏休み企画「サマースクール」の一貫として、荒浜小学校と東宮城野小学校の親子の皆さんに参加していただきました。

 

 

 

 

「震災以降、荒浜小学校のみなさんは、これまで東宮城野小学校のみなさんに、様々な企画や事業にご招待いただいていました。この度のサマースクールで初めて東宮城野小学校の皆さんをお誘いすることができたんです。」

とお話しくださったのは、震災前から荒浜小学校に勤務されているご担当の先生でした。

夏休みとはいえ、小学校の限られた時間数で、このような企画を進めることが難しくなってきている中、素敵な時間を設定していただいた校長先生はじめ、ご担当の先生には本当に感謝です。

当日はなんと60名以上の方にご参加いただきました。

まずは校長先生にごあいさついただき、

DSC00092

 

 

 

 

 

 

蝶理株式会社様も、ごあいさついただきました。

DSC00094

 

 

 

 

 

 

そして、その後は自然素材をつかった染料「ナチュラルダイ」をクイズにしながら、説明!

DSC00108何の素材で染めたかわかるかな?

 

DSC00193

 

そしていよいよ体験開始。

今回はオリジナルのエコバックづくりに挑戦です。

 

 

 

 

DSC00119

 

まずは絞りをいれるところから。

 

みんな真剣!

 

 

DSC00114

 

どんな模様になるのか?

 

 

 

 

DSC00127

 

魔法のバケツに布を入れて、

 

 

 

 

DSC00128

 

かき混ぜて。

途中の会話も弾みます。

 

 

 

DSC00132

 

水の中で、絞りを解きます。

 

 

 

 

DSC00152

 

そして、完成!!

 

 

 

 

夏休み最後のよい思い出になってくれたかな。

オリジナルのバックでお遣い、頑張ってね~。

 

*****************************

 

そして、午後からは「鶴巻児童館」で、再び体験会を開催いただきました。

DSC00164

館長さんにご紹介いただいた後に、

体験会スタート。

 

 

 

ここでも、みんな思い思いの作品作りをして、いい顔しています。

DSC00178 DSC00187 DSC00182

DSC00197 たて

 

こんなにきれいなオリジナルのエコバックが完成しました。DSC00212

参加してくれたお子さんの中には、「お母さんの誕生日プレゼントにする」といって、大事そうに作品をしまっていた子もいました。

こんなきれいなバックで買い物したら、買い物がもっと楽しくなりますね。

DSC00220

 

 

 

 

 

 

児童館では最後、子供たちに誘われて鬼ごっこに参加して、必死に走ってました~。

 

変わらず、遠く仙台に思いを向けてくださる蝶理株式会社の皆さんのお力と

活動の場を設定してくださった荒浜小学校、鶴巻児童館の皆様、

本当にありがとうございました。

これからも、EGAOは、思いと思いをつなげるお手伝いをしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

兵庫県立川明峰高等学校からボランティアにきてくださいました 【8月27日配信】

8月20日、兵庫県立川明峰高校より有志のみなさん30数名で、

仙台市宮城野区の高砂1丁目仮設住宅を訪れてくださいました。

 

8.20 001

 

 

 

 

 

 

午前中は、蒲生近辺を視察していただき、午後からは集会所付近にて

仮設の皆様とフォークダンスを行い、楽しんでいただきました。

 

8.20 011

 

 

その後、集会所で写真立てを作っていただいたり、

男子は、外の清掃や雑草取りをしていただきました。

暑い中、大変ありがとうございました。

 

 

21日には、扇町1丁目仮設住宅を訪れていただき、

住民の方と一緒に、仮設住宅周辺の雑草を取っていただきました。

お昼は、住民の方たちと一緒にとっていただき、

午後からは、集会所でフォークダンスを行い、

皆さんとふれあい、その後はステンシル作りを一緒に楽しんでいただきました。

また、川西明峰高校様より両仮設住宅に辞書が寄贈されました。

 

8.21 018

 

2日間に渡り、遠方よりご支援いただき、誠にありがとうございました。

仮設住宅の環境整備をしていただき、住民の方々も励ましていただき

大変助かりました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

兵庫県芦屋高等学校の生徒さん達が仮設住宅を来訪 【8月20日配信】

8月16日、兵庫県芦屋高等学校の生徒有志のみなさん10数名が

若林にある日辺グラウンド応急仮設住宅にボランティア活動に来てくださいました。

 

仮設集会所にて、書道部の方たちが中心となり、大きな紙に書を書いていただたり、

その紙で大きな折り鶴を折るなどのパフォーマンスを披露して頂きました。

また、事前に芦屋高校さんで作っていた手書きのうちわも、みなさんにお配り頂きました。

その後、お茶会が行われ、集まっていただいた多くのみなさんと

和やかに語らいの時間を過ごされました。

8.16 016

 

 

 

 

 

 

17日には、若林区二木にある日吉神社の清掃をしていただき

花壇に花を植えていただきました。

小雨降る中、皆さんで作業していただきました。

 

 

004

 

 

芦屋高等学校の皆様、ありがとうございます。

とても細やかなお心遣いに、仮設の方も感謝されていました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

明星大学心理学科 石井ゼミによる仮設交流会【8月13日配信】

7月31日(木)~8月1日(金)に、仙台港6号公園仮設、鶴巻1丁目公園仮設、扇町1丁目公園仮設の各集会所において、東京の明星大学心理学科の石井雄吉教授と、学生8名の皆さんによる交流会が行われました。

DSCN0707

 

 

 

はじめに、明星大学心理学科 石井ゼミを代表して 、3年生の入蔵克大さんよりご挨拶。

 

交流会の内容は…
明星大学心理学科の学生さんがゼミで学ばれている
コラージュ臨床動作法
まず、コラージュって何でしょう?どんなことをするのでしょうか?
コラージュとは、画用紙に雑誌やカタログ等の切り抜きを自由に切り取り、貼り付けて作品を作っていくもので、老若男女問わず楽しめるものなのだそうです。

 

さあ、皆さん楽しく作っていきましょう!

 

DSCN0709

 

 

グループで1枚の画用紙に、それぞれ想い想いに小物や風景、植物や動物、モデルの男性、女性、などの切り抜きを貼り付けて…と

 

 

 

 

DSCN0710

 

和気あいあい、ガヤガヤと楽しみながら作っていくうちに、テーマが絞られていって、完成! 各グループごとに作品発表を行ないました。

 

 

 

 

DSCN0717

 

 

かわいいメルヘン調の作品や、面白系、ちょっと風変わりな作品が発表され、大変に盛り上がりました

 

 

 

臨床動作法は、軽いストレッチで、身体だけでなく
精神の緊張をもほぐしてゆくのだそうです。
皆さん、積極的にご参加いただき、
「身体が軽くなった~!」とのこと。お家に帰っても、これなら簡単にできますね!

DSCN0759

 

 

 

明星大学の石井ゼミの皆さん
2日間のボランティア支援において、参加者の皆様を元気づけていただき
誠にありがとうございました!

DSCN0740

鉄道模型でみんな元気に 【8月12日配信】

8月6~8日、仙台福祉プラザ2F展示ロビーにて、

鉄道のおいちゃんこと、岩月照久さんによる鉄道模型の体験会が開かれました。

七夕の3日間、多くの方々が立ち寄ってくださいました。

岩月さんは、始めに支援に入った六郷地区にちなんだ

「E65(いい六郷)鉄道」という名称で、

鉄道模型体験会を被災地で開催されています。

 

当日は地元の高校生たちも、お手伝いのボランティアに来て下さり、

大人から、子供まで、普段なかなか手に取ることができない

実物そっくりの模型を動かして、楽しんでいかれたようです。

 

何度も立ち寄ってくださる方々もいて、鉄道模型がこころの交流の架け橋となり

とても賑やかな3日間になりました。

岩月さん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

これからもみんなを笑顔にするイベント、ご協力お願いいたします。

 

 8月8日 018

EGAO最近の活動報告 【8月4日配信】

復興支援”EGAO(笑顔)せんだい”サポートステーションの最近の活動の一部を紹介いたします。

5月31(土)には、宮城野区の高砂市民センターにて、骨盤調整ウォーキング&ヨガ体験会が行われました。東京都内スタジオで指導されているぺルヴィス(骨盤調整)インストラクターのユウさんとヨガインストラクターのユマさんが被災地活動の一環として、ヨガと体操の体験会を開催してくださりました。みなさん生き生きとして、楽しそうに運動されていました。ユウさん、ユマさんそしてお手伝いに遠方より来て下さったみなさん、ありがとうございました。

5月31日 021

6月7日、8日と関西学院大学のみなさんが来られて、若林区の二木にある神社の清掃とニッペリア仮設にお住まいの方々を支援してくださいました。ニッペリアでは地元の児童館の小学生たちと一緒に、ペットボトルで作ったプランターに花の苗を植える作業を行いました。翌日は、あいにくの雨の中、東本願寺のボランティアさんたちの炊出し支援のお手伝いをして、仮設のみなさんと楽しく交流しました。関西学院大の学生のみなさん、2日間大変ありがとうございました。

2014・6・7 008

 

また、6月8日には協和エクシオ労働組合をはじめとする通建連合の方々が、多年草の花を若林区種次の土地に植えて頂きました。雨の中、35名ほどのみなさんが全国から集まって下さり、色とりどりの花の苗を植えてくださいました。協和エクシオ労働組合様は、継続的に支援してくださって被災地の皆様を元気づけてくださっています。ご多忙の中、力強いご支援誠にありがとうございました。

6月8日 007

6月27、28日には、大阪から紙芝居の杉浦 貞様がきていただき、宮城野区扇町1丁目仮設、若林区荒井小用地仮設、高砂市民センターで実演していただきました。水飴、かたぬきなども持ってきていただき、沿岸部につくられつつある「いのちを守る森」のお話しを紙芝居にした『みどりのきずな(2巻)』を見せていただきました。震災列島日本。全国の未来の対策として活用ができるものでした。杉浦さん、貴重なお話し大変ありがとうございます。

DSCN0587

 

これからも、ボランティアセンターは、様々な活動を通じて、お互いの考えや気持ちを
伝え合い、助け合い、笑顔の種を撒いていきたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします!!

 

サイドメニュー

月別アーカイブ


▲ このページの先頭に戻る