お知らせ

災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を “宮城教育大学” で開催【30年度第4回】

仙台市ボランティアセンターでは、東日本大震災時に運営した災害ボランティアセンターの実践で得た経験や知識を活かし、これからの災害に備える取り組みのひとつとして、「仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を実施しています。

受講団体・企業・学校などを募集しております。お気軽にボランティアセンターまでご相談ください。
————————————————————————————————————————

11月21日(水)、宮城教育大学の学生12名に参加いただき開催しました。災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、運営サポーターの役割などについて講義を行い、その後に、ボランティア役と運営スタッフ役に分かれ、それぞれの立場を体験することで、理解を深めました。

体験中、ボランティア受付での個人情報の管理の重要性や、活動報告時の「お疲れさま」の一声、被災現地の様子を確認する大切さなどにも気付いていただきました。

参加した学生の皆様より、「来年度から教員になるということで、災害時の避難所を運営する立場になるため、今回このような講座を聞くことができ、自分の視野が広くなった」、「ボランティアセンターについて初めて知った。ボランティアをしようと思っても、なかなか手順が分からず、一歩を踏み出せないことが多いと思う。今日、友人に誘われて参加してみましたが、非常に自分にとって貴重な経験になった」などといった感想をいただきました。

最後に、宮城教育大学附属防災教育未来づくり総合研究センターの千田様をはじめ、スタッフの皆さんには、講座を開催するうえで、会場の提供や学生への広報・周知などご協力をいただきました。ありがとうございました!

DSC05305 DSC05310 DSC05312 DSC05331

災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を “東北福祉大学” で初めて開催【30年度第3回】

仙台市ボランティアセンターでは、東日本大震災時に運営した災害ボランティアセンターの実践で得た経験や知識を活かし、これからの災害に備える取り組みのひとつとして、「仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を実施しています。

受講団体・企業・学校などを募集しております。お気軽にボランティアセンターまでご相談ください。
——————————————————————————————————————–

11月17日、学生は本来ならお休みの土曜日にも関わらず、東北福祉大学の学生17名に参加いただき開催しました。災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、運営サポーターの役割などについて講義を行い、その後に、ボランティア相談を受ける体験や、ボランティア活動の流れを体験し、被災者役、ボランティア役、運営スタッフ役のそれぞれの立場で考えることで、理解を深めました。

相談を受ける体験の場面では、被災した状況で困りごとなどを引き出す難しさや心に寄り添う大切さなどについて、参加した学生の皆様に感じていただきました。

また、ボランティア活動の流れを体験する場面では、ボランティアセンターをどのようなレイアウトにすればスムーズな活動につながるかを、参加した学生同士で話し合いながら考えていただき、その配置から体験を行いました。
学生にとって、初めて行う災害ボランティアセンターのレイアウト配置でしたが、お互いに相談をしながら、配置を決めていく過程も大切な学びとなりました。

参加した学生の皆様より、「災害が起きた時に、何かしたいと思ってもどうしていいのか分からずにいたので、今後はボランティアセンターに行ってみたり、周囲の人に知らせたいと思った」、「私は福島に住んでいて東日本大震災の際には断水、停電といった被害を受けた。災害は本当に他人事ではないなとその時思ったし、忘れてはいけないなと思った。この講座を受けて、今度は人のために何かできればと思った」などの感想をいただきました。

最後に、東北福祉大学 学生支援センター ボランティア支援課の渡辺様、樋口様をはじめ、スタッフの皆さんには、講座を開催するうえで、会場の提供や学生への広報・周知などご協力をいただきました。ありがとうございました!

DSC05235 DSC05241 DSC05252 DSC05295

災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を “宮城教育大学教職大学院” で初めて開催【30年度第2回】

仙台市ボランティアセンターでは、東日本大震災時に運営した災害ボランティアセンターの実践で得た経験や知識を活かし、これからの災害に備える取り組みのひとつとして、「仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を実施しています。

受講団体・企業・学校などを募集しております。お気軽にボランティアセンターまでご相談ください。
———————————————————————————————————————–

10月30日(火)、宮城教育大学教職大学院の学生15名に参加いただき開催しました。災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、運営サポーターの役割などについて講義を行い、その後に、ボランティア役と運営スタッフ役に分かれ、それぞれの立場を体験することで、理解を深めました。

参加者は、現役の学校の先生や、これから学校の先生になるために勉強中の学生でした。
そのため、災害時に避難所となる学校と、災害ボランティアの関係なども講義や体験で触れながら、避難所運営時の災害ボランティアによる支援などをイメージいただく機会にもなりました。

参加者の感想として、「中学校に勤務しているので、生徒が被災時などにどのように活動するか、地区の危険個所や避難所はどこなのかを具体的にかつ主体的に知ることができる活動・仕組みを整えているところです。中学生を通じて家庭や地域にも広めていきたい」、「先日の北海道の震災で厚真町の知り合いのお手伝いをした。ボランティアはそれぞれの役割を果たすための実態把握と相手の思いをくむことが大切であると分かった。被災者の心を少しでも楽になるような、ボランティアに頼らなくても自分たちで進んでいけるようにするのが本当の復興なのかなと思った」などといった声をいただきました。

最後に、宮城教育大学教職大学院の梨本教授をはじめ、スタッフの皆さんには、講座を開催するうえで、大学院の授業に取り入れていただく調整などご協力いただきました。ありがとうございました!

DSC04985 DSC04992 DSC04989 DSC04996

災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格「災害VCサポーター養成講座」を “東北大学” で初めて開催【30年度第1回】

仙台市ボランティアセンターでは、東日本大震災時に運営した災害ボランティアセンターの実践で得た経験や知識を活かし、これからの災害に備える取り組みのひとつとして、「仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を実施しています。

受講団体・企業・学校などを募集しております。お気軽にボランティアセンターまでご相談ください。———————————————————————————————————————

10月23日(火)、この日の授業が全て終了した夕方18時10分から、東北大学の学生18名に参加いただき開催しました。災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、運営サポーターの役割などについて講義を行い、その後に、ボランティア役と運営スタッフ役に分かれ、それぞれの立場を体験することで、理解を深めました。

参加した学生の皆様より、「震災から7年が経過したが、現在も続けている支援は何か」、「震災後に広がった活動は何か」などの質問もあり、震災時だけでなく、震災後の支援の大切さにも気付いていただけました。

その他の感想として、「緊急災害の派遣を行った際の報告などでボラセンという言葉は耳にしてきたが、実際の活動内容についてまでは知らなかったので、とても勉強になった」、「各ボラセンによってルールに違いがあるということが学べてよかった」、「作業系のボランティアでも、被災された方に対して『寄り添う』気持ちを忘れずに活動していくことが大切だと改めて実感した」などといった声をいただきました。

最後に、東北大学課外・ボランティア活動支援センターの江口様を始め、スタッフの皆さんには、講座を開催するうえで、会場の提供や学生への広報・周知などご協力をいただきました。本当にありがとうございました!

DSC04833 DSC04821

DSC04822 DSC04828

「平成30年度大学間連携災害ボランティアシンポジウム」のご案内

東北学院大学災害ボランティアステーション・復興大学災害ボランティアステーション・大学間連携災害ボランティアネットワーク共催のシンポジウムのご案内です。
申込不要・入場無料です。

平成30年度大学間連携災害ボランティアシンポジウム
「災害の時代と大学、そしてボランティア」

日時:平成30年12月15日(土)10時50分~16時30分(終了予定)
場所:東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(地階)
内容:
・基調講演「災害の時代と大学、そしてボランティア」
講師 兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 研究科長 室崎 益輝 氏

・リレートーク「学生ボランティア活動紹介と課題の発表」
各大学の学生ボランティアによる活動紹介

・パネルディスカッション「災害における学生ボランティアの意義」
報告者
原田 素良氏(熊本学園大学学生団体「おひさまカフェ」所属学生)
松浦 莉子氏(常葉大学ボランティアサークル・サンダーバード学生代表)
惠良 友貴氏(中央大学ボランティアセンター公認学生団体「チームくまも と」所属学生)
山本 賢氏(東北大学課外・ボランティア活動支援センター ボランティア支援学生スタッフSCRUM副代表)
河原 颯 (東北学院大学災害ボランティアステーション学生スタッフ代表)
コーディネーター:杉浦 健氏(共働プラットホーム ボランティアコーディネーター)

[問合せ先]
大学間連携災害ボランティアネットワーク事務局
(東北学院大学災害ボランティアステーション事務局内)
〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1
東北学院大学 土樋キャンパス内 7号館2階725教室
TEL:022-264-6521 FAX:022-264-6522
MAIL:tgvolu*mail.tohoku-gakuin.ac.jp(*を@に変えて送信ください)

詳細は、下記ホームページをご覧ください。
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/volunteer/?p=25923

震災復興関連イベント「ARIGATOfes-episode1-」のご案内

今週末の9月30日(日)に開催される震災復興関連イベントのご案内です。
東日本大震災から7年半が経過した今も、国内外には東北を応援し続けてくれている人たちがいます。その人たちへの感謝を伝えたいという思いで開催されるイベントです。
お近くにお越しの際、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

①ARIGATOfes-episode1-
日時:9月30日(日)
開催場所:仙台駅東口EKITUZI特設ステージ
内容:防災ワークショップ、ゲストアーティストによるパフォーマンス、物販他
詳しくは、下記ホームページ等をご覧ください。
・ホームページ http://www.rezain.com/arigato/
・Facebookページ https://www.facebook.com/arigatofes/

②海岸清掃(ARIGATOfesの関連イベント)
日時:9月30日(日)9:00~10:00(受付8:30~8:45)※雨天中止
開催場所:仙台市若林区荒浜 深沼海岸
集合場所:深沼海岸前の「荒浜記憶の鐘」広場
参加費:無料
参加方法:当日、受付時間内に集合場所へ

主催:ありがとフェス実行委員会
連絡先:022-393-9275

詳細は、下記Facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/2052656134805380/

平成30年北海道胆振東部地震について

9月6日(木)午前3時8分頃、北海道で発生した地震は、胆振地方中東部で最大震度7を観測しました。この地震により人的被害、建物被害が多く生じています。このたびの地震により被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

厚真町(7日)、安平町(8日)、むかわ町(8日)では、災害ボランティアセンターを開設しました。
なお、現在被災地では懸命な人命救助が行われており、また一部で停電、断水等が続いています。さらに、被災地までの道路も損傷などしているため、これらの課題が解決せずに多くの支援を受け入れることができません。
住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、現在、ボランティアの受け入れ体制を整えている状況です。

災害ボランティアに関する情報につきましては、今後もこのページでお知らせいたします。
また、その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
北海道災害ボランティアセンター

平成30年8月 山形県大雨災害について

山形県では、8月5日からの大雨により、県内複数の市町村で住宅冠水による被害が生じました。
この大雨により、県内で床上浸水7棟、床下浸水149棟の被害が生じ、特に戸沢村では77棟の床下浸水被害がありました。

戸沢村に災害ボランティアセンターが設置され、現時点では、8月11日からボランティアを受け入れる方向で準備を行っています。
ボランティアの募集範囲は、山形県内在住の方々を対象とします。

その他、詳細は下記ホームページをご確認ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
山形県社会福祉協議会Facebookページ

平成30年7月豪雨による災害について(第5報)

災害ボランティア関連の情報についてお知らせです。

現地でのボランティア活動以外にも、被災地を応援できる身近なボランティア活動=募金があります。
社会福祉法人中央共同募金会では、今回の災害で被災された方々を支援することを目的に、義援金・支援金の募集を行っています。

◆義援金「平成30年7月豪雨災害義援金」
義援金は、寄付金の全額が手数料等を差し引くことなく被災状況に応じて按分の上、被災県共同募金会に送金され、被災地それぞれの行政、共同募金会、日本赤十字社支部等で構成される災害義援金の募集・配分委員会を通じ、委員会で定める配分基準に基づき各市町村を通じて被災された方々に配分されます。
受付期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)までです。

◆支援金「平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金」
今回の災害に対して、NPOやボランティア団体による被災者支援活動を応援する支援金の募集を開始しました。支援金は、被災地で活動するNPO・ボランティア団体に助成されます。
中央共同募金会の支援金は、東日本大震災(ボラサポ)や熊本地震(ボラサポ九州)でも実施され、被災地のNPO・ボランティアが継続して被災者支援活動に取り組む大きな力となりました。
募集期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)までです。

社会福祉法人 中央共同募金会ホームページ

詳細は、下記のページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年7月豪雨による災害について(第4報)

災害ボランティア関連の情報についてお知らせです。
現在のボランティアの募集範囲は、当該県内や市・町内にお住まいの方が中心となっていますが、今後、ライフラインの回復や支援ニーズの変化により、災害ボランティアセンターにおけるボランティアの募集範囲も変化します。
各災害ボランティアセンターホームページの最新情報を確認ください。

詳細は、下記のページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年7月豪雨による災害について(第3報)

現在、11府県54か所で災害ボランティアセンター及び社協ボランティアセンターで被災者支援が行われています。
なお、人命救助が続いている地域では、災害ボランティア活動については調整・準備中のところがあります。

また、ボランティアの募集範囲は、当該市町村内・県内の方を対象としているところがあります。今後の支援ニーズの状況によりボランティアの募集範囲は変化することがありますので、各災害ボランティアセンターが発信する最新の情報を確認するようお願いいたします。

詳細は、下記のページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年7月豪雨による災害について(第2報)

台風7号及び梅雨前線活動の活発化の影響により、西日本を中心に多くの被害が発生しています。このたびの災害で被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

現時点での被災地支援・災害ボランティア情報をお知らせします。
現在はまだ多くの地域で人命救助の段階が続いており、災害ボランティア活動については調整・準備中の地域が多数あります。

また、災害ボランティアの募集については、当該市町村内・県内の方を対象としている所があります。これは、現時点で災害ボランティアセンターに寄せられている支援ニーズの状況により、一定の募集範囲でボランティアを呼びかけているものです。今後の支援ニーズの状況により、ボランティアの募集範囲は変化します。各災害ボランティアセンターの最新情報を確認くださるようお願いいたします。

詳細は、下記のページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年7月豪雨による災害について(第1報)

台風7号及び梅雨前線活動の活発化の影響により、西日本を中心に多くの被害が発生しています。このたびの災害で被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

現時点での被災地支援・災害ボランティア情報をお知らせします。
なお、現在はまだ多くの地域で人命救助の段階が続いており、災害ボランティア活動については調整・準備中の地域が多数あります。災害ボランティア活動にあたっては、各地で発信する最新の情報を確認してください。

詳細は、下記のページをご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年7月 北海道大雨災害について(第1報)

北海道では、7月2日からの大雨により各地で冠水による被害が発生し、また、翌日3日には、道内の雨竜川と石狩川で氾濫が発生しました。

この大雨により、床上浸水8件(旭川市7、増毛町1)、床下浸水116件(深川市7、北竜町1、留萌市8、旭川市90、東神楽町3、当麻町3、上川町2、東川町1、増毛町1)の被害が生じています。

北海道社会福祉協議会では、7月3日から被害の生じた地域の社会福祉協議会を通じて状況確認を行うとともに、7月4日に職員2名を旭川市及び深川市に派遣し、情報収集を行っています。
4日午前中には、北海道社協職員と旭川市社協職員が、旭川市内で被害が生じた地域を同行訪問しました。また4日午後には、北海道社協職員と深川市社協職員が、深川市内で被害が生じた地域を同行訪問しました。

旭川市においては地域住民どうしでの清掃活動が進んでおり、今後の支援ニーズを把握しながら、必要に応じて旭川市社協の登録ボランティア等により支援にあたることとしています。
また、深川市では、現時点では支援ニーズが発生していない状況にあります。

これらの状況により、現時点では旭川市、深川市とも、災害ボランティアセンターの設置は行わない予定となっています。

北海道災害ボランティアセンターホームページ
(※北海道災害ボランティアセンターは、常設されている災害ボランティアセンターです)

その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年6月 滋賀県米原市で発生した竜巻災害について(第1報)

6月29日14時頃、滋賀県米原市にて竜巻が発生しました。
この竜巻により、人的被害として軽傷8名、住宅被害として一部損壊140軒が確認されています。(7月2日18時現在 滋賀県総合政策部防災危機管理局資料より)

現地の米原市社会福祉協議会では、ボランティアによる支援ニーズ把握のために職員が訪問活動を行っております。
被災した地域では、自治会や消防団、近隣での協力により対応されている状況です。
そのため、現時点においてはボランティアの募集は予定しておりません。

今後ボランティア募集を行う場合は、米原市社会福祉協議会ホームページやフェイスブックにて情報発信をする予定です。

米原市社会福祉協議会ホームページ
米原市社会福祉協議会フェイスブック

その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年6月 大阪府北部を震源とする地震災害について(第4報)

●災害義援金の募集について
大阪府では、このたびの大阪府北部を震源とする地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を募集します。
募集期間は、平成30年6月22日(金)から9月28日(金)までです。

詳細は、下記ホームページをご確認ください。
大阪府ホームページ 平成30年大阪府北部を震源とする地震義援金の募集について

今後も新しい情報が入り次第、こちらのページにてお知らせいたします。
また、その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年6月 大阪府北部を震源とする地震災害について(第3報)

被災地の災害ボランティアセンターや社会福祉協議会の状況についてお知らせいたします。
なお、各災害ボランティアセンターに寄せられている支援ニーズの数などから、現時点では、ボランティアとして活動される方の募集は、主に当該市内在住の方を対象としている状況です。
今後、求められるボランティアの状況は変化しますので、最新の情報を確認してください。

●吹田(すいた)市
・6月19日に災害ボランティアセンターを設置しました。
・現在は、主に家屋の片付けなどのニーズに対応しています。
吹田市社会福祉協議会 ホームページ
吹田市社会福祉協議会 ブログ
吹田市社会福祉協議会 ツイッター

●茨木(いばらき)市
・6月19日に災害ボランティアセンターを設置しました。
・現在は、家屋内外の片付けなどのニーズに対応しています。
茨木市社会福祉協議会 ホームページ
茨木市社会福祉協議会 ブログ

●豊中(とよなか)市
・6月20日から災害支援ボランティア窓口を設置し、家財整理等を自力で解決できない方々を対象として支援を行っています。
・現時点では、ボランティアは同市内の方を対象として募集しています。
豊中市社会福祉協議会 ホームページ

●高槻(たかつき)市
・6月20日に災害ボランティアセンターを設置しました。
・現在は家屋内の清掃や壊れた家具の撤去などのニーズに対応しています。
高槻市社会福祉協議会 ホームページ

●枚方(ひらかた)市
・6月20日から災害ボランティアセンターを設置し、現在は、家屋内外の片づけなどの支援を行っています。
・現在、ボランティア募集は行っていません。
枚方市社会福祉協議会 ホームページ

また、大阪市内の各区や摂津市、箕面市におきましては、通常の社協ボランティアセンターで支援を行っている状況です。
大阪市ボランティア・市民活動センター ホームページ
摂津市社会福祉協議会 ホームページ
箕面市社会福祉協議会 ホームページ

今後も新しい情報が入り次第、こちらのページにてお知らせいたします。
また、その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年6月 大阪府北部を震源とする地震災害について(第2報)

被災地の災害ボランティアセンターや社会福祉協議会の状況についてお知らせいたします。

●吹田(すいた)市
・6月19日に災害ボランティアセンターを設置し、現時点では活動を始めるにあたってのニーズ把握が中心となっています。
吹田市社会福祉協議会 ホームページ
吹田市社会福祉協議会 ツイッター

●茨木(いばらき)市
・6月19日に災害ボランティアセンターを設置し、現時点では同市内の方を対象としてボランティアの募集をしています。
茨木市社会福祉協議会 ホームページ

●豊中(とよなか)市
・6月20日から災害支援ボランティアセンターを設置する予定です。また、ボランティアは同市内の方を対象として募集する予定です。
豊中市社会福祉協議会 ホームページ

●高槻(たかつき)市
・6月20日に災害ボランティアセンターを設置する予定で準備を進めています。
高槻市社会福祉協議会 ホームページ

今後も新しい情報が入り次第、こちらのページにてお知らせいたします。
また、その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年6月 大阪府北部を震源とする地震災害について(第1報)

6月18日(月)午前7時58分頃、大阪府北部の深さ約13キロを震源とする マグニチュード6.1の地震が発生し、大阪府大阪市北区、高槻(たかつき)市、枚方(ひらかた)市、茨木(いばらき)市、箕面(みのお)市の5市区で震度6弱、京都府京都市、亀岡市など18の市区町村で震度5強の揺れが観測されました。

この地震で、死者3名、負傷者259名の人的被害が生じています。
また、大阪府を中心に、建物被害、火災等の被害も確認されています。
(6月18日16時現在/総務省消防庁調べ)

この地震により、震源地付近の府・県・指定都市社会福祉協議会(大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、及び大阪市、堺市、京都市、神戸市)では、各地域内の市区町村社協に状況確認を行っている状況です。

新しい情報が入り次第、こちらのページでもお知らせいたします。
また、その他の詳しい状況については、下記のホームページにて確認できますので、ご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

平成30年5月 秋田県大雨災害について(続報)

低気圧や東北地方に停滞した前線の影響で、5月18日(金)から記録的な大雨となった秋田県では、河川の氾濫、土砂崩れ、建物浸水等の被害が発生しています。

秋田市社協では、5月21日より災害ボランティアセンターを開設し、被災地の復旧や被災された方々の生活支援活動を行っておりました。

災害発生から3週間ほど経過し、支援ニーズも少なくなってきたことから、6月10日で災害ボランティアセンターを閉所し、本日11日より通常のボランティアセンター業務にて被災された方々の生活支援を継続していくこととなりました。

詳しくは、下記ホームページにてご確認いただけます。
秋田市社会福祉協議会ホームページ

月別アーカイブ


▲ このページの先頭に戻る